RB30DET

輸出専用のRB30ブロックを使って
ツインカムヘッド&ターボ化しました!



RB30についてはウィキペディアをご覧ください。


某オークションで入手した
ノーマルのRB30SエンジンASSY


RB30の鋳出しが本物の証!


とりあえずヘッドを剥がします!
腰下しか使いません。



ブロックの高さが約4cmくらい高いんです!


フルオーバーホールするので
ピストン&コンロッド&クランクシャフトも分解!


シリンダー壁はやはり傷だらけ・・・
0.5mmボーリングしてもらいちょっと排気量UP!
クロスハッチがよく見えます!


コンロッドも長いです!
芯間152.5mm?


クランクシャフトのストロークが長く、
コンロッドのジャーナルもRB25より太くなっています。
各ジャーナル部をなんちゃってラッピング!


左がRB25NEO6ターボピストン
右がRB30純正ピストン


RB25ピストンだとピストンハイトが1mm低いんですね



ピストン、コンロッド、クランクシャフト組付け完了!


クランクシャフトのストロークが長いので、RB25のオイルパンの仕切り版?に当たります・・・
ちょっと削って解決!


オイルパン装着!
オイルポンプはRB25ターボ用


シリンダーヘッドはECR33のRB25を使います!


NVCSも作動させるのですが、
RB30ブロックにはNVCS油路がないのでイモネジでメクラします!
RB26ヘッドやNVCS無しヘッドを使う場合はこの加工は必要ありません。


タップをたてて


イモネジをグリグリ!


NVCS用の油路を作ります!


こんな感じで接続


RB25純正ヘッドガスケットはこの部分が合いません・・・


ブロックをちょっと肉盛りします。


ヘッド&ブロック合体!


肉盛りした部分はこんな感じ


NVCS油路は銅パイプで作ります


RB30ならではのスペースを通ってヘッドに接続


タイミングベルトはテンショナーをこの位置に移設して、某国産車用を使うとピッタリです!


 純正サージタンクを加工してスロットルボディーをここに移動!


 ヘッドのオイルリターンパイプも延長加工
ターボのオイルリターン部に合流させます。


 エンジンの高さが分かりますかね?


スロットルワイヤーはY31のVG30用


小物をつけて無事にエンジン始動!
   


KRFでセッティングしてもらっいました!
TD06-19C 12cm
ブースト1.15キロ
430ps 59キロ

RB25と比較すると低回転からのグラフが別物ですね!
   
 


RB30ツインカム化する時の参考にしてください。

シリンダーヘッド
・RB25NVCSヘッドを使うと上で紹介した油路の加工が必要です。
・RB25NVCS無しヘッドの場合はNVCS無しのヘッドガスケットを使えば無加工です。
・RB26ヘッドの場合は油路は無加工ですが、ヘッドボルトの太さが違うので、ボルト穴拡大or変換ボルトが必要です。

ピストン
・RB30純正は86パイ ピストンハイト約32mm
・RB25純正は86パイ ピストンハイト約31mm
・RB26純正は86パイ ピストンハイト約30mm

シリンダーブロック
・オイルパンはRB系2WD用なら取付可能(小加工)
・オイルジェット無し

クランクシャフト
・ストローク85mm
・親メタル RB25と同サイズ
・子メタル 53パイ(RB25は51パイ)
・オイルポンプ駆動部は当たり面が小さいタイプ

タイミングベルト
・テンショナー移設無し トミーカイラor某国産車用
・テンショナー移設    某国産車用